Top >  ホルモン補充療法 >  更年期障害とホルモン補充療法〜その4

スポンサードリンク

更年期障害とホルモン補充療法〜その4

更年期障害の治療法のひとつであるHRT(ホルモン補充療法)は、エストロゲンというホルモンを投与することにより、ホルモンのバランスを整え、更年期障害の症状を軽減する治療法です。婦人科で処方される更年期障害の治療に用いられる薬には、ピル(経口避妊薬)というものがあります。このピルも、エストロゲンを投与することによって、女性の体に影響を与えます。しかし、エストロゲンを投与するといっても、HRTとピルでは、治療の目的が全く違うようになってきます。

HRTは、エストロゲンの分泌量が減少している人を対象に行なわれる治療法で、エストロゲンを正常値に近づけるための方法です。これに対し、ピルの服用は、エストロゲンの分泌量が正常な人に、さらにエストロゲンを投与して、人工的に排卵をするのを抑制することを目的としている治療法です。この2つは、女性ホルモンの含有量も、成分も違うものですので、間違った使用法での服用がないように気をつけなければいけません。どの療法も、医師の指示に従って、服用することが大切となってきます。

 <  前の記事 更年期障害とホルモン補充療法〜その3  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とホルモン補充療法〜その5  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。