Top >  ホルモン補充療法 >  更年期障害とホルモン補充療法〜その3

スポンサードリンク

更年期障害とホルモン補充療法〜その3

更年期障害の治療法のひとつに、HRT(ホルモン補充療法)という方法があります。この療法は、大変効果的な治療法だとされていますが、更年期障害の症状がある方の中には、このHRTを受けてはいけない場合もあるようなので、注意が必要です。女性の体の中で、もともと乳腺と子宮内膜はエストロゲンに依存した組織です。そのため、乳腺や子宮内膜などから発生するガンは、エストロゲンと深い関わりがあるとされています。そのため、乳がんや子宮がんを経験したことのある方は、HRTの治療を受けることはできません。また、自分自身がこの乳がんや子宮がんの経験者ではなくても、身内で乳腺や子宮内膜などの病気にかかったことがある場合、念のため、HRTを受ける前に専門の医療機関でのチェックが必要となる場合があります。

このHRT(ホルモン補充療法)の投与法は、全部で4種類あるそうで、その方法により服用期間や薬の種類が違ってくるようなので、専門の医師に相談後、医師の指示どおりの服用が大切となってくるようです。その治療の中では、出血が起こる場合があるので注意しましょう。

 <  前の記事 更年期障害とホルモン補充療法〜その2  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とホルモン補充療法〜その4  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。