Top >  ホルモン補充療法 >  更年期障害とホルモン補充療法〜その1

スポンサードリンク

更年期障害とホルモン補充療法〜その1

更年期障害の治療法のひとつであるHRT(ホルモン補充療法)には、四種類の方法があります。その中の「持続併用投与法」と「エストロゲン単独投与法」について紹介します。まず、「持続併用投与法」とは、エストロゲンとプロゲステロンの両方を毎日服用するという治療法です。このエストロゲンとプロゲステロンを併用して投与することで、更年期障害の治療だけでなく、子宮体がんの予防になると考えられています。また、注意事項としては、プロゲステロンを併用すると、治療を開始してから半年くらいの間は不正出血が起こりやすいそうです。しかし、この出血はやがて治まるので、心配は必要ないようです。この治療の効果としては、「周期的投与法」と呼ばれている治療法とほとんど変わり無いそうです。

次の「エストロゲン単独投与法」は、エストロゲンを単独で投与する更年期障害の治療法です。エストロゲンは、別名エストリオールとも呼ばれており、穏やかな作用が特徴です。しかし、エストロゲンのみを長く投与し続けていると、子宮体がんの危険性のリスクがわずかに高まる言われています。そのため、この治療法は、既に子宮を摘出している方で、子宮ガンの危険性の無い方にしかできない治療法となっているようです。

 <  前の記事 更年期障害と東洋医学  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とホルモン補充療法〜その2  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。