Top >  更年期障害と東洋医学 >  更年期障害と東洋医学

スポンサードリンク

更年期障害と東洋医学

更年期障害の治療法のひとつとして、東洋医学を用いる方法があります。この東洋医学の治療としては、漢方薬を使用することが多いようです。東洋医学では、更年期障害の症状は、「気」・「血」・「水」のバランスが崩れているために起こると考えられています。この中の「気」とは、元気、気力、やる気などの「気」で、生命活動の原動力となるものだと考えられています。更年期の時期になると、この「気」が急激に低下するため、その影響から身体に異常なエネルギー反応が渋滞し、冷え、のぼせ、ほてり、動悸、イライラなどの症状が表れるとされています。このような症状のことを東洋医学では、「気逆(きぎゃく)」と呼ぶそうです。

また、更年期には、血液の循環が悪くなったり、貧血などの症状が起きやすい時期でもあります。この血液の循環が悪いことを「淤血(おけつ)」、貧血の症状のことを「血虚(けっきょ)」と呼ぶようです。更年期には、これらを併発する場合が多く、「気逆」の症状をさらに悪化させると考えられているようです。東洋医学では、このような考え方を中心に、更年期障害の治療に役立てています。

 <  前の記事 更年期障害と漢方薬〜その3  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とホルモン補充療法〜その1  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。