Top >  更年期障害と東洋医学 >  更年期障害と漢方薬〜その2

スポンサードリンク

更年期障害と漢方薬〜その2

東洋医学では、更年期の時期の症状やそれ以外の時期の中でも、血液の循環が悪くなる症状を「淤血(おけつ・悪血)」と呼び、貧血などの症状を「血虚(けっきょ)」と呼ぶそうです。更年期障害の治療の中で、この「淤血」や「血虚」の治療としてよく使われるのが漢方薬です。中でもよく使用される漢方薬を紹介しましょう。当帰勺薬散(とうきしゃくやくさん)は、血液の循環をよくして、冷えやむくみなどに効果があるとされています。桂枝茯苓丸(けいしふくりょうがん)は、目の下のクマに効果があるとされています。この他に代表的なものとしては、九味檳榔湯(くみびんろうとう)はむくみに効果的だそうです。十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)は、疲労感の緩和に効果的だそうです。八味地黄丸(はちみおうがん)は、冷え性の改善に効果的だそうです。

このように、各諸症状や、更年期障害の症状に効果のある漢方薬がたくさんあるようです。漢方薬の多くは、空腹時に服用するのが効果的とされています。また、この漢方薬は、体に優しく副作用などはほとんど無いとされていますが、医師の指示に従って服用するようにしましょう。

 <  前の記事 更年期障害と漢方薬〜その1  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と漢方薬〜その3  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。