Top >  更年期障害と東洋医学 >  更年期障害とツボ「血海(けっかい)」

スポンサードリンク

更年期障害とツボ「血海(けっかい)」

更年期に入るとホルモンのバランスが崩れ、その結果様々な症状が起こるとされていますが、この更年期に起こる症状や障害に、効果が期待されているツボのひとつに、「血海(けっかい)」というツボがあります。更年期や婦人病などに効果があるツボはたくさんありますが、その代表的で効果のあるツボ、血海について紹介します。

この血海の位置としては、足の大腿部の内側よりで、膝の関節から指3本分ぐらい上の位置にあります。圧迫すると痛みのようなこり感がある場所です。これが、更年期障害の改善に効果があるとされている血海というツボです。この血海の刺激による効果は、女性特有の疾患である冷えや身体のこり、違和感などの不快症状に効果があり、更年期障害による足腰の冷えや頭痛、のぼせやイライラなどの症状に効果が期待されるようです。血海へのツボ刺激の方法としては、3秒押して3秒離す。という刺激法を繰り返すと良いそうです。また、更年期障害の改善としてのツボ刺激の場合は、足の内側のくるぶしより指3本上に位置する、押すと圧痛がするツボ「三陰交(さんいんこう)」も刺激すると、より効果が期待できるそうです。

 <  前の記事 更年期障害とツボ「湧泉(ゆうせん)」  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とツボ「三陰交(さんいんこう)」  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。