Top >  更年期の過ごし方 >  更年期と食生活

スポンサードリンク

更年期と食生活

更年期になると、更年期特有の症状や更年期障害など様々な不快症状が起こってきますが、毎日を快適に過ごしていくために、これらをなるべく改善し、バランスのとれた食生活や適度な運動、そして何よりは心身の休養がとても大切になってきます。その例として、更年期を快適に過ごすための理想的な食生活の目安を紹介します。

更年期障害を改善して、快適な日々を過ごしていくには、毎日栄養バランスのとれた食事を摂取することが重要です。一日の食事で摂取する、栄養素の理想数値は、糖質が全体の60%以上、たんぱく質が全体の15%〜20%の間、脂質が全体の20%〜25%以内を目安にするとバランスが良いとされています。また、一日3回の食事を規則的に摂取することも大切なひとつです。食事の時間や間隔が不規則になると、栄養の吸収や消化がスムーズに行なわれなくなり、基礎代謝を崩す結果となったり、様々な症状を引き起こす原因となってしまうからです。その他、消化を助ける役目にもなる適度な運動は、更年期の時期に限らず、健康的な生活を送る上では、とても大切なことですので、自分にあった運動を毎日行なうよう心掛けましょう。

 <  前の記事 更年期時期の過ごし方  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と栄養素  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。