Top >  更年期の過ごし方 >  更年期のうつ病とその対策

スポンサードリンク

更年期のうつ病とその対策

更年期障害の精神症状の悪化から、うつ病と診断された場合はどのようなことに気をつけて治療をすすめていったらよいのでしょうか。また、家族や周りの人達はどのように接すればよいのでしょう。

うつ病の治療の基本としては、更年期障害に限ったことではなく、「心身の休養」がとても大切です。精神を安定させるための、薬物療法や心理療法なども大切ですが、一番に大切になってくるのは、家族や周囲の人達の理解と協力です。更年期は特に、心身にストレスのかかりやすい時期だと言われているので、家族や周りの人は、従来どおりに接する、励まさず温かく見守るなど、ストレスをなるべく緩和できるように協力してあげるのが良いでしょう。また、本人も一人で悩まず、周りに相談をするように心がけ、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

更年期障害やうつ病などは、治療をしたり、投薬をしたからといってすぐに改善されるような病気ではありません。しかし治らない病気でもありません。長年頑張ってきた女性のお休み期間だと考えて、治療に専念できるよう、生活環境を整えましょう。

 <  前の記事 更年期障害と精神面のケア  |  トップページ  |  次の記事 更年期時期の過ごし方  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。