Top >  更年期の過ごし方 >  更年期障害と精神面のケア

スポンサードリンク

更年期障害と精神面のケア

更年期障害の代表的な症状としては、のぼせやほてり、発汗などがありますが、このような肉体的症状とともに、様々な精神的症状も起こります。その精神的症状とは、不眠や不安感、うつ症状などが挙げられます。この更年期障害による精神症状が悪化していくと、うつ病を発病してしまう場合もあるので、注意が必要になります。更年期の気分の落ち込みや、不安定さは、更年期障害だから仕方ないと考えがちですが、更年期障害だけでなく、うつ病の可能性もあるので、自己判断はせずなるべく早く医師に相談をしましょう。また、更年期障害の治療は続けているけれど、不眠や精神不安定など精神状態が良くならないといった場合もこの可能性があるので、早めに医療機関で診察を受ける事をお勧めします。

更年期障害やうつ病などは、気持ちの持ちようが悪いためだけで発症する病気ではありません。きちんとした診察を受け、適切な治療を受けると、症状は改善され、不快感もやわらぐので、我慢をせず診察を受けるようにしましょう。また、更年期を快適に過ごせるよう、ストレスを溜めない、適度な運動をする、無理をしないなどの努力と、周りの家族などの理解と協力がとても大切になってきます。

 <  前の記事 更年期障害と骨粗鬆症の予防  |  トップページ  |  次の記事 更年期のうつ病とその対策  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。