Top >  更年期と骨粗しょう症 >  更年期障害と骨密度

スポンサードリンク

更年期障害と骨密度

閉経後、骨密度が減ってしまった後では、その骨量を取り戻すことは困難です。現在はそのため、更年期の時期の女性は早めに骨量を測り、骨粗しょう症を予防しようという動きになってきているようです。この骨量ですが、測れる場所として、産婦人科や整形外科で測ることが可能です。また、保健所が生活習慣病検診として行なっているところもあるようです。骨密度の主な測定方法を挙げてみました。

○腰椎単純X線検査:腰椎の前後方向をX線撮影し、肉眼で骨密度の状態を判断するという方法。
○縮度測定法(MD法):アルミ製の濃度表と手のひらを並べてX線撮影し、濃度表との対比で骨量を測定するという最も一般的な方法。
○デキサ法:二重エネルギーX線吸収法とも呼び、高低2種類のエネルギーのX線を照射し、その透明度により腰椎や大腿骨の骨密度を測定するという方法。全身どこの箇所でも測定できるが、大掛かりな設備を必要とするので一般的な方法でなはい。
○超音波測定法:超音波を発信して、かかとの骨に伝わる速度や強さで骨密度を測るという方法。

以上が骨密度を測定する代表的な方法です。

 <  前の記事 更年期障害と骨粗しょう症  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とツボ「湧泉(ゆうせん)」  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。