Top >  更年期と骨粗しょう症 >  更年期障害と骨粗しょう症

スポンサードリンク

更年期障害と骨粗しょう症

女性は、男性に比べると、もともと骨量が少ない上に、閉経によって骨量がますます少なくなってしまうのですが、これは骨形成を促進し、骨吸収を調整すると言われているエストロゲンが、更年期のために減少してしまうために起こると考えられています。このような症状に効果があるとされているのは、減少したエストロゲンを補充するホルモン補充療法は、骨粗しょう症の予防や改善に効果が期待できるようです。しかし、骨粗しょう症の予防や改善には、ホルモン補充療法だけでは十分ではなく、カルシウムやビタミンDの摂取と共に、適度な運動も必要となってくるでしょう。

骨量に測定は、骨粗しょう症の恐れがあるかどうかを明確にし、病気の進行を予防するために行なわれます。医療機関で、一度骨量の計測をしてもらうと良いでしょう。女性は特に、エストロゲンの分泌量が減ってしまう更年期以降は、骨からカルシウムが溶け出すのを抑えて、骨量を調整するという働きがあるエストロゲンも減少するため、骨密度が低下してしまうと考えられています。

 <  前の記事 更年期障害と高血圧  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と骨密度  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。