Top >  更年期と骨粗しょう症 >  更年期障害と骨粗鬆症の予防

スポンサードリンク

更年期障害と骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症は、更年期に起こる様々な症状とともに、更年期の女性に起きやすい症状のひとつです。この骨粗鬆症は、そのまま放置していても改善することはありません。心配な時には、専門の医療機関で骨密度の検査を行い、検査の結果、骨粗鬆症と診断された場合には、指示通り速やかに治療を受ける事をお勧めします。

骨粗鬆症の治療法としては、食事療法、運動療法、薬物療法の3つがあります。薬物療法では、カルシウム製剤、活性型ビタミンD、カルシトニン、女性ホルモンなどを用いて骨密度を高める治療を行ないます。また、骨粗鬆症と診断されなかった場合も、骨密度がそれ以上低下しないよう心がけ、予防に努めましょう。更年期の骨粗鬆症の予防には、カルシウムの十分な摂取、適度な運動、適度な日光浴などが有効とされています。アルコールやニコチン、カフェインなどの物質は、カルシウムの吸収を阻害し、骨度を低下させる作用があるので、過剰摂取はなるべく避けるようにしましょう。

 <  前の記事 更年期障害と骨密度  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と精神面のケア  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。