Top >  更年期と骨粗しょう症 >  更年期障害と骨密度

スポンサードリンク

更年期障害と骨密度

更年期障害の原因となる、女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌量の低下は、骨密度の低下を促進させてしまいます。骨密度の低下した状態の症状を、骨粗鬆症と呼びます。この骨粗鬆症は、更年期以降の女性に起こりやすい症状のひとつです。骨粗鬆症になると、骨全体が弱まるため、骨折を生じやすくなります。よって、特に女性は気をつけなければいけません。

そこで、骨粗鬆症の予防と治療のために、まず自分の骨密度を把握しておく必要があります。骨密度の検査としては、レントゲン、放射線、超音波などを利用して骨量の測定が行なわれます。この他、同時に血液の検査を行なう場合もあるようです。この血液検査では、血液中のカルシウム濃度や、骨に由来するとされているアルカリフォスファターゼ活性などを検査するようです。

更年期に入り、骨粗鬆症であることが判明して治療を始めても、すぐにこの骨粗鬆症は改善されません。予防こそが最大の治療だということをよく考えて、日頃からカルシウムを摂取するをなどして、骨粗鬆症に悩むことのないよう心がけましょう。

 <  前の記事 更年期障害と骨粗鬆症  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と骨粗鬆症の予防  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。