Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と高血圧

スポンサードリンク

更年期障害と高血圧

更年期障害の症状の一つとして、高血圧があります。更年期の高血圧は、エストロゲンの分泌量の減少が関係していると考えられています。エストロゲンの分泌を調整するのは視床下部ですが、更年期になりエストロゲンが減少し始めると、視床下部はエストロゲンの分泌を促すことに集中するようになってしまいます。同じ視床下部で調整が行なわれている自律神経は、この影響を受けてしまい、不安定になって乱れが起こると考えられています。このため、自律神経によって調整されている血圧も不安定となり、高血圧の症状が起こる場合があるようです。このような仕組みによって起こる、更年期の一過性の高血圧の場合は、更年期の時期を過ぎ、体調が落ち着くに従い、安定していくことが多いようですが、まれに、更年期を過ぎても症状が改善されず、本格的な高血圧になってしまう場合もあるようですので、注意が必要となってくるでしょう。高血圧を促進させるような食事の摂取を避けたり、適度な運動をし、ストレスを溜めないなど、高血圧の症状を軽減できるようなことを日々心掛けましょう。

 <  前の記事 更年期障害と不定愁訴  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と骨粗しょう症  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。