Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と発熱

スポンサードリンク

更年期障害と発熱

更年期障害の症状の一つとして、発熱の症状が見られる場合があります。更年期になると、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が減少します。これを感知した視床下部が、減少したエストロゲンを補おうとするため、過剰に働き、そのことによって自律神経が影響を受け、更年期障害の様々な症状が起こると考えられています。ホルモンのバランスが崩れ、自律神経の乱れから起こる更年期障害の症状には、めまいや発汗、動悸、手足の冷えなどがありますが、発熱もこのうちの一つであるとされています。

この更年期の発熱の症状は、更年期障害による血管運動の失調が原因であり、皮膚温度が上昇することから起こると言われています。ただ、体温が平熱よりも1度以上高い状態が長く続くような場合であれば、更年期障害ではなく、他の病気などが隠れている可能性があるので、医療機関で診察を受ける事をお勧めします。

 <  前の記事 更年期障害と精神的症状  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と不定愁訴  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。