Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と精神的症状

スポンサードリンク

更年期障害と精神的症状

更年期障害の症状としては、肉体的な症状と精神的な症状のふたつがありますが、精神的症状も様々なものがあるようです。代表的なものとしては、不安感や孤独感、イライラや不眠などが挙げられます。エストロゲンには、精神を安定させる働きもあると言われていますので、そのエストロゲンの分泌量が減少することで、精神面にも様々な症状が起こるのだと言えるのでしょう。このように、エストロゲンの分泌量の減少が、更年期障害の精神症状の原因となっていると考えられるようですが、更年期の時期は、女性にとって日常生活も変化が多い時期で、肉体的にも精神的にもストレスが多い時期だと言えます。子供が独立したり、親の介護などが始まったり、家事や仕事などの負担が大きくなる時期でもあります。喪失感が続いたり、気分が滅入ったりすることが多く、このことも更年期障害の精神症状に影響を及ぼすと考えられています。この更年期障害の精神的な症状の治療としては、薬などを使用した治療の他に、専門家のカウンセリングなども効果的とされているようです。

 <  前の記事 更年期障害と歯周病  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と発熱  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。