Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害とホルモンバランス

スポンサードリンク

更年期障害とホルモンバランス

更年期障害の症状の原因は、女性ホルモン(細胞ホルモン)のひとつであるエストロゲンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが崩れることで、様々な症状が起こってくると考えられています。年齢とともに、卵巣の機能は低下していき、エストロゲンの分泌量が段々と減っていくので、血中のエストロゲンの量が少なくなってきます。エストロゲンの量をコントロールしている視床下部が、エストロゲンの量が足りないと判断し、生殖腺刺激ホルモンを放出するホルモンであるGnRHを分泌します。これを受け、脳下垂体から卵胞刺激ホルモンであるFSHが分泌され、エストロゲンの分泌を促します。しかし、加齢によりエストロゲンの増加はありません。ですので、エストロゲンは増加しないのに、卵巣刺激ホルモンは分泌し続けられることで、ホルモンバランスの崩れが起こり、更年期障害の様々な症状が起こってくるのです。

このようなしくみで、ホルモンバランスの崩れが起こるのですが、聞き慣れないホルモンの名前が出てきたりと少し難しく感じたかもしれません。加齢によって減少する女性ホルモンのエストロゲン量を調整しようとする卵胞刺激ホルモンとのアンバランス。と考えれば、少し理解できましたでしょうか・・・。

 <  前の記事 更年期障害といろいろな原因  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と骨粗鬆症  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。