Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害といろいろな原因

スポンサードリンク

更年期障害といろいろな原因

更年期障害の症状は様々なものがありますが、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの、分泌量の減少によるホルモンバランスの崩れが、一番の原因として考えられています。しかし、このホルモンバランスの崩れの他に、更年期障害の症状の原因となり、関係していることがあるようです。それは個人の性格の差です。人それぞれに考え方、捕らえ方など、性格の違いがありますが、この性格の違いが更年期障害の原因となり得ることがあるようです。神経質な性格であるとか、責任感が強いなどの性分を持っている人の場合、睡眠障害が強く出たり、イライラがひどいなど、症状に偏りがあるようです。

また、この他に更年期障害の原因のひとつで、更年期の時期の女性の生活が挙げられます。更年期の時期は、子供の独立や親の介護などの時期と重なり、更年期以前との生活の変化や、家庭の中心としての役割の負担の増加など、ストレスがかかる生活を送らなければいけない年代でもあります。そしてそのストレスなどが、更年期障害の症状を悪化させていると考えられています。

人によって、性格や生活環境の違いがありますので、そういった背景となるものや悩みなども、信頼のおける医師に相談して、治療の一環に役立てましょう。

 <  前の記事 更年期障害と脊椎の歪み  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とホルモンバランス  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。