Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と歯周病

スポンサードリンク

更年期障害と歯周病

更年期障害の症状の中でも、代表的な症状のひとつである歯周病について紹介したいと思います。更年期に起こる歯周病の症状は、歯を支えている組織に炎症が起こることで発症する病気で、歯周炎と歯肉炎を総称した呼び名です。歯周病の初期段階としては、まず歯肉炎が起こり、歯肉炎によって歯肉が赤く腫れあがり、出血しやすい状態になってきます。この歯肉炎の症状が悪化すると、歯周炎へと変化し、最終的には歯槽膿漏へと症状が進行し、治療が必要な更年期障害の症状のひとつとなっていくようです。

更年期に、この歯周病が起こりやすい原因としては、加齢による唾液の分泌量の減少があります。更年期になるとその唾液の分泌量が急激に減少するために起こると考えられます。また、歯を支えるあごの骨なども弱くなります。このように、更年期に入ると、歯周でもその症状が起こってきますので、更年期を迎える前から毎食後の十分な歯磨きや、定期的な歯科検診などを行なうなど、習慣化しておくことが大切だと言えるでしょう。

 <  前の記事 更年期障害と類似病症  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と精神的症状  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。