Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と脊椎の歪み

スポンサードリンク

更年期障害と脊椎の歪み

更年期障害の症状の原因のひとつに、脊椎の歪みが関係しているという考え方があります。脊椎の前面には、自律神経が通っていて、その自律神経の中でも交感神経が多く通っている場所です。よってこの脊椎の歪みが、交感神経に悪影響を及ぼし、それが自律神経の不調につながっていくという考え方です。更年期障害の症状の原因は、自律神経の乱れなどが関係しているとされているので、その原因となる脊椎の歪みを正すことで、自律神経の不調が改善され、更年期障害の症状が緩和されたり、解消されると考えられています。脊椎に限らず、体の骨の歪みが、ホルモンの分泌の異常に影響を及ぼすのではないかという考え方もあるそうです。

この考え方を受け、整体などの療法で骨の歪みを整えることで、更年期障害の原因となる、自律神経の乱れを改善し、身体の不調、更年期障害の諸症状の緩和、解消に役立てる方法も、効果のあるひとつの療法とされているようです。また、更年期の時期は、ストレスによって、筋肉のこり、疲労感などの症状がよく表れます。こういった症状も更年期障害を悪化させる原因となるので、悪化する前に解消できる方法を見つけて、対処するように心掛けましょう。

 <  前の記事 更年期障害の頭痛と老化  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害といろいろな原因  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。