Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害の頭痛と老化

スポンサードリンク

更年期障害の頭痛と老化

更年期障害の症状は様々ですが、そのひとつに頭痛があります。更年期の症状として頭痛が起こる場合の原因としては、女性
ホルモンのバランスの崩れ、自律神経の乱れなどが考えられます。しかし、更年期時期の頭痛の原因は、これだけではありません。例えば、気づかないうちに老眼が進んでいて、眼精疲労から頭痛が起こっている可能性も有り得るでしょう。また、ストレスや疲労などが原因ということも考えられます。更年期の時期の女性は、子供の自立、親の介護などの時期と重なり、変化や負担などで悩みや不安などが多く、ストレスになっていることが頭痛の原因であるということも考えられるでしょう。このストレスは、体の筋肉を緊張させ、血流障害を引き起こします。よって脳への血流も滞り、毛細血管が開いてしまい頭痛が起こってしまいます。また、このストレスで、冷えや疲労感、イライラなどの不快症状も起こってきます。

このように、更年期の頭痛の原因としては、いろいろなことが考えられますが、自分にあった改善法を見つけて、少しでも症状を軽くできるようにしましょう。また、頭痛の原因がこのようなこと以外で起こっている場合もありますので、一度病院できちんと診察を受けることをお勧めします。

 <  前の記事 更年期障害と頭痛  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と脊椎の歪み  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。