Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と頭痛

スポンサードリンク

更年期障害と頭痛

更年期には様々な症状が起こってきますが、その症状の中に、頭痛があります。この更年期の頭痛は、ホルモンのバランスの崩れや、自律神経の乱れなどが原因とされていますが、それ以外の原因で頭痛が起こる可能性も大いにあります。頭痛の解消のために、頭痛薬や鎮痛剤を服薬する人もいるでしょうが、この頭痛薬は一時的に痛みを抑えるだけで、頭痛を根本的に治療するものではありません。また、副作用の心配があり、その副作用として胃や肝機能などを痛めてしまう場合があるので、頭痛薬の乱用は止めるようにしましょう。更年期の頭痛の改善には、原因となっている自律神経の乱れを改善し、精神の安定をはかることが大切だと言われています。そのためには、ストレスを解消したり、疲れを溜めない、規則正しい生活をするなどの工夫が必要だと考えられています。

しかし、更年期の症状による頭痛だと思い込んでいたら、実は他の重大な病気が隠れていたという場合もありますので、注意することも必要です。自己判断をせず、医療機関できちんとした検査を行なって、頭痛の原因を調べて、医師の指示の元根本的な改善ができるよう努めましょう。

 <  前の記事 更年期障害と栄養療法  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害の頭痛と老化  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。