Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害を理解する

スポンサードリンク

更年期障害を理解する

更年期障害について対策をとったり、改善を行なう場合は、まず更年期の時期の体の環境について理解することが大切で、更年期症状の改善への重要なヒントへとつながっていくと考えられます。女性の場合、更年期になると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が次第に減少していきます。このエストロゲンが減少すると、カルシウムの吸収率が落ちていくために、骨量が減っていきます。そのため、骨量を増やし骨密度を維持する働きが衰え、更年期障害のひとつである、骨粗しょう症が発症する可能性が高くなってきます。この他、エストロゲンの分泌量の減少により、コレステロールの増加を防ぐ働きも弱まってきます。そのため、内臓脂肪を蓄積しやすい体質へ変化をし、肥満やメタボリックシンドロームなどの症状が起こるようになってきます。

更年期には、このような体の環境の変化が突然表れ、めまい、のぼせ、ほてり、多汗などの様々な不快症状が起こり始めます。そこで、こういった症状や障害を予防・改善するためにも、更年期の体のメカニズムに適した、食生活や生活習慣などの見直しが必要となってくるのではないかと思われます。

 <  前の記事 更年期障害とほてり  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害とサプリメント  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。