Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害とほてり

スポンサードリンク

更年期障害とほてり

更年期には、いろいろな症状が起こってきますが、その症状のひとつに「ほてり」があります。その「ほてり」の症状の影響としては、ほてりによる過多の寝汗により睡眠障害が起こったり、寝不足によりイライラが起こるなどです。そして、その症状を放置しておくと、症状は段々と悪化して更年期障害へとなっていくと言われています。このように、ほてりなどの諸症状を更年期障害へと移行させないために、改善対策を毎日の生活に取り入れて行なっていくことが大切となってきます。ほてりの症状の改善には、香辛料を多く含む食品、カフェインやアルコールなどをできるだけ摂取しないようにすることや、その日の気温や湿度に合わせて、衣服をこまめに調節できるように、重ね着などの工夫が有効するということです。また、睡眠時に、下着やパジャマなどの素材を、綿などの通気性の高いものを選ぶことで、ほてりの症状を緩和し、快適な睡眠が取れるようになるようです。更年期の症状には、強弱や期間などに個人差があるので、自分にあった改善法を見つけて、対処するように心掛けましょう。

 <  前の記事 更年期障害と効果のあるツボ  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害を理解する  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。