Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と類似病症

スポンサードリンク

更年期障害と類似病症

更年期の時期に入ると、個人によって強弱の差はありますが、不安感や疲労感などの精神症状が起こりやすくなります。しかし、時期的なことも考え、更年期障害だと思い込んでいたが、実は他の病気で、治療が遅れたためにその病状が悪化してしまったといったケースも少なくないようです。これは、更年期障害の代表的な諸症状と同じ症状が起こる病気もあり、自己判断をしてしまった結果によるものです。

更年期障害と同じような症状が起こる病気を挙げてみますと、「パセドウ病」という病気があります。このパセドウ病は、甲状腺ホルモンの分泌量の暴走によって起こる「甲状腺クリナーゼ」という病気の前段階と考えられている病気です。代表的な症状として、発汗、疲労感、イライラなどが挙げられるようです。これらは、更年期障害の諸症状と同様な症状ですが、更年期障害とパセドウ病を見分けるポイントがあります。パセドウ病特有の症状としては、「そう状態」「食欲旺盛」「じっとしていられなくなる」「継続的な症状である」といった、更年期障害の症状とは真逆である症状が起こるということを覚えておきましょう。

 <  前の記事 更年期障害と口臭  |  トップページ  |  次の記事 更年期障害と歯周病  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。