Top >  更年期障害の症状 >  更年期障害と口臭

スポンサードリンク

更年期障害と口臭

更年期の時期に起こりやすく、悪化すると治療が必要となってくる更年期障害の症状のひとつに、口臭があります。更年期以前には、特にさほど気にならなかった口臭が、更年期を境に深刻な悩みとへと変化することもあるようです。この更年期の口臭が起こりやすい原因としては、加齢とともに胃腸の調子が悪くなったり、同じ更年期障害の症状のひとつである歯周病が、原因となっている場合が多いと考えられるでしょう。また、ホルモンのバランスの崩れから、唾液の分泌量の低下なども原因となっていると考えられます。しかし、この口臭の更年期症状は、日常から十分な予防やケアを行なっていれば、深刻化するのを食い止めることもできると言えます。

更年期障害の症状へと悪化させないためには、更年期以前より口臭の予防法として、定期的な歯科検診を行なうということや、乳製品を多く含んだ食品を積極的に摂取して胃腸の働きを整えたりなど、更年期の口臭対策を習慣化して、更年期障害の症状を予防、改善できるように心掛けましょう。

トップページ  |  次の記事 更年期障害と類似病症  > 

         

更新履歴

お気に入り

本 買取

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「更年期障害で悩まない!更年期.net」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。